手のひらの薬

女性には使えない

ピンク色の薬

ザガーロ効果はとても大きなものですが、女性がザガーロを使用することは危険なため、禁止されています。
そのため女性が使用することができないのですが、何故女性がザガーロを使用すると危険なのか、疑問に感じている人もいるかと思います。

ザガーロに含まれている成分のデュタステリドは元々前立腺肥大の治療薬として開発されたものでした。
前立腺肥大の原因になるジヒドロテストステロンはAGAの原因でもあり、デュタステリドはジヒドロテストステロンの生成を阻害して前立腺肥大やAGAを治療します。
元々は前立腺肥大の治療のために開発された薬のため、女性が使用することは想定されておらず、また、デュタステリドは女性のAGAには効果を発揮しないのです。
女性には髪を成長させる女性ホルモンであるエストロゲンがあり、そのエストロゲンの働きによって薄毛を防いでおり、エストロゲンが少なくなると女性のAGAが発生します。
つまり、女性のAGAの場合はエストロゲンの減少が原因になっているので、デュタステリドは意味がなくなるというわけなんです。
女性の使用は想定されていないこと、同じAGAでも原因が違うことが、女性のザガーロ使用が禁止されている理由なんです。

また、これらの理由以外にも妊婦に対するリスクもあります。
妊婦や妊娠が疑われる人がザガーロを服用した場合、男性胎児の生殖器の発育を妨げてしまう恐れがあるのです。
これは飲むだけでなく触るだけでも影響が出ることがあるので、家庭に妊婦がいる場合はザガーロの取り扱いに注意をしましょう。