手のひらの薬

ミノキシジルとザガーロ

茶色の薬

ヘアサイクルをしっかり整えて、毛が抜けることをガードしてくれるザガーロ。
ザガーロによるザガーロ効果はそれだけでも大きなものですが、インターネットでザガーロについて調べていると、ミノキシジルとの併用でザガーロ効果は大きくなるという意見があります。
ミノキシジルとザガーロ、どちらも同じAGA治療薬ですが、何故併用することでザガーロ効果を高めることができるといわれているのでしょうか?

もう一度説明することになってしまいますが、ザガーロは乱れたヘアサイクルを正常な状態へ整えることで脱毛を抑える効果があります。
この効果によって産毛を生やし、髪の毛が生えやすい状態へ導いてくれるのですが、AGAになってしまった人の大半は髪の栄養を与えるための血管が細くなっているという特徴があります。
そのため十分な栄養を届けることができず、ザガーロ効果で産毛が生えても、それがしっかりとした髪の毛に育ってこないことがあります。
これに対し、ミノキシジルには頭皮の血管を拡張させて毛乳頭や毛母細胞を刺激し、発毛を促してAGAを改善する効果があります。
そのためミノキシジルをザガーロと併用することでザガーロ効果で生えた産毛に十分な栄養を届けることができ、しっかりとした髪の毛に育てることができるというわけなんです。

また、ザガーロは生え際や前頭部の薄毛に効果的で、ミノキシジルは頭頂部により効果的です。
二つのAGA治療薬を併用することで、ザガーロ効果を高め、より強い治療効果を得ることができるのです。
しかし、薬を併用するということは副作用の危険性も高まるということなので、そのことは忘れないようにしましょう。